ガーゼはマスクにぴったりの生地

ガーゼ マスク 生地

 

やっぱりマスクにはガーゼ生地が合う。

コロナ対策でマスクを着け始めて1年近く経ちます。

不織布マスクから始まって、ガーゼマスク、手作りマスク、アベノマスク、冷感マスク、高機能マスク・・・。
通販、ECサイトでも多種多様なマスクが登場しています。

 

結局、ガーゼを選ぶ理由

 

■マスクの裏地にはやっぱりガーゼが良い

 

ガーゼ マスク 生地

(ガーゼを何重にも重ねたマスクは、夏は暑くて避けたくなりますが・・・)
マスク生活を続けて約1年。
こんなにマスクを比べることってなかったですが、裏地にガーゼを使用した布マスクは、着け心地が良いです。

 

■フィルター効果

 

ガーゼ マスク 生地

表地にガーゼ以外の素材を使用し、裏地をガーゼにすることで生地の目が入り組んだ状態になり、マスクフィルターとしての機能が上がります。
ガーゼは目が粗いので通気性は良いですが、目より細かい粒子は通してしまうと言う欠点があるので
表地に目の細かい素材を使用すると効果的です。
また、表地と裏地の間にマスクフィルターを入れるのも良いです。
軽くて肌ざわりが良い・通気性が良いガーゼ。
フィルター効果をプラスして裏布ガーゼの良さを最大限に発揮しましょう。

マスクフィルターを見る>

 

■肌トラブル解消

 

ガーゼ マスク 生地

顔の皮膚はとてもデリケート。
不織布マスクを着け続けて肌トラブルを起こした人も少なくないと思います。
肌触りはガサガサで、肌がヒリヒリ赤くなる。
洋服を着ていても化学繊維による肌トラブルを起こすのと同じように、マスクによる肌荒れも起こります。
一般的な不織布マスクは繊維が硬く摩擦を起こしやすくなります。
摩擦が起こると、肌が乾燥。
マスクで密閉することで雑菌が繁殖し、バリア機能が低下。
乾燥とバリア機能が低下した肌は攻撃され肌荒れを起こします。

不織布に比べガーゼは、繊維が柔らかく肌に触れても違和感が有りません。
怪我の処置などにも使われるほど。
一日中、お肌に直接触れるものだから安心して使える素材を選びましょう。

 

■表地に合わせて厚さが選べる

販売されているガーゼ素材は、
一枚仕立てのシングルガーゼ
ガーゼを2枚が接結されたダブルガーゼ
三重にしたトリプルガーゼ
が一般的です。
マスクが枯渇していた時はダブルガーゼが多く求められていました。
夏仕様のマスクにしたり、厚めの表地を使用する場合、ダブルガーゼでは厚く&熱くなりすぎてしまうので薄手のシングルガーゼがおすすめです。
マスクではなく、ハンカチにしたり、子供用の肌着などに使用する場合はふわふわとした厚みのある、ダブルガーゼ以上が最適です。
吸水性アップも期待できます。

シングルガーゼ生地一覧はこちらから>

ダブルガーゼ生地一覧はこちらから>

トリプルガーゼ生地一覧はこちらから>

■ダブル幅とシングル幅

テキスタイルネットでは、大判のダブル幅ガーゼとシングル幅ガーゼを取り扱っております。
下着やブランケットに使用する場合や、マスクやハンカチを沢山作成したい場合には、ダブル幅のものがお得です。

ガーゼ ダブル幅はこちらから

 

おしゃれを意識したマスクへ

 

ガーゼ マスク 生地

最近のマスクの特徴は高機能よりも季節やシーンに合わせたおしゃれなマスク。
夏はレース素材、寒くなった今の季節はコーデュロイやネル素材がおすすめです。
無地なら、ワンポイントに刺繍やワッペンを付けるのも素敵ですね。

 

■表地素材と裏地素材の縮率に注意

最初はガーゼだけを使用してマスクを作っていましたが、お洗濯をするとシワになったりアイロンがけが面倒でした。
アイロンをするのが面倒と言う方はシワになりにくい素材やシワが目立ちにくい素材を表地にしようすると便利です。

見た目は可愛く、裏地は肌当たりの良いガーゼで快適に。
カラーマスクや柄プリントされたマスクは、洋服とのコーデも楽しくなります。
表地と裏地に違う素材を使用する場合に気になるのは縮率の違い。
生地が伸びる。縮む。
表地だけが縮んで、内側がブヨブヨ。
息を吸うと布まで吸い込んでまとわりついて息苦しいなんてことも。
これでは、せっかくのおしゃれも台無しです。

 

■型紙修正で、呼吸時の布のまとわりつきを軽減

呼吸快適なマスク型紙をご紹介致します。

裏地型紙を小さめに設定することで、内側がすっきりとしたマスクに仕立てました。
呼吸快適立体マスクの型紙サイズはM・Lの2サイズ。
男性大人用はLサイズ(少しお大きめ)女性・子ども用はM(ふつうサイズ)をご使用下さい。
使用するゴムや紐はマスク用でなくてもです。

マスクゴムの代用品特集を見る>

 

マスク1枚分の材料<用意するもの>

●表地:H20cm×W35㎝程度(少し余分に設定しています。)
●裏地用ガーゼ:H20cm×W30cm程度(少し余分に設定しています。)
●マスク用ゴム(またはひも)1本:長さ65cm程度(2等分してご使用ください。)

 

<作り方>

裁断
表布と裏布をそれぞれ中表に半分に折り、裁断します。
ゴム(ひも)は2等分にカットします。

ガーゼ マスク 生地

 

1)マスク中心(真ん中)を縫う。
表布を中表に合わせてマスク中心を縫います。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。
裏布も同様に縫い合わせます。

ガーゼ マスク 生地

2)縫い代をアイロンで割る。
マスク中心縫い代をアイロンで割ります。
表マスク、裏マスクとも同様です。

ガーゼ マスク 生地

 

3)裏マスク左右端を縫う。
裏マスク左右縫い代を1cm、1cmの三つ折りにし、アイロンで整え、
0.2~0.3cm巾のステッチをかけて縫い止めます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

ガーゼ マスク 生地

 

4)表マスクと裏マスクを縫い合わせる。
表マスクと裏マスクを中表に合わせて中心を揃えます。
マスク上下に1cm巾のミシンをかけて縫い合わせます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

ガーゼ マスク 生地

 

5)マスク上下にステッチをかける。
「4」のマスクを表に返し、アイロンで形を整えます。
マスクの上下端に0.5cm巾のステッチをかけます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

ガーゼ マスク 生地

 

6)表マスク左右端を縫う。
表マスクの左右端を1.5cm、1.5cmの三つ折りにし、アイロンで整え、
0.2~0.3cm巾のステッチをかけて縫い止めます。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしてください。

ガーゼ マスク 生地

 

7)ゴム(ひも)を通す。
左右にそれぞれゴム(ひも)を通し、長さを調節して、結びます。
結び目はしまい、出来上がりです。

ガーゼ マスク 生地

 

呼吸快適立体マスクの無料型紙・パターン、作り方(縫い方レシピ)はこちらからご注文↓

呼吸快適マスク無料型紙ページへ

ダウンロード可能なマスクはこちら↓

マスク無料型紙をダウンロードする

自粛期間中にミシンを買われた方も多かったのでは?
冬ごもりにまた、手芸やハンドメイドを楽しんでください。

 

布マスク しっかり洗って 清潔に

マスクは手洗いで汚れを落としましょう。
表地にガーゼを使用する場合は、柄がプリントされたおしゃれなものや素敵な色合いのものを選びたくなりますが、
肌に接する部分に使用する場合は、汚れが見えやすい無地がオススメです。

 

抗菌機能が付いたガーゼは商品一覧>

 

女性は、ファンデーションが付着するのが嫌と言う方も多いですよね。
そんな時は、ファンデーションが付いても目立ちにくい薄いベージュのものを選べば大丈夫。

表地が濃色の場合は、マスク端から裏布が目立たないようにお好みに合わせて黒やネイビーの濃いめの色を選ぶと良いです。

 

カラーコットンガーゼを商品一覧>

この特集に関連する商品

-1