SDGs オーガニックコットン特集

organic-cotton-オーガニックコットン

 

さあ、オーガニックコットンに包まれよう

 

私たちにとって最も身近な素材のひとつ、コットン。
使い勝手がよく、心地よい肌触りのコットンは、私たちの暮らしに欠かせないものです。

コットンの原材料である綿花は、インド・中国・アメリカなど広大な土地を持つ国を中心に、世界各地で生産されています。
綿花を効率よく栽培するために、綿畑には大量の除草剤や殺虫剤、化学肥料が使用され、収穫の際には落葉剤を散布して機械で素早く刈り取る、という方法が一般的です。

しかし、そうした栽培方法は、土壌の汚染や農場で働く人びとの健康被害、薬品を購入するための農家の負担など、深刻な問題を引き起こしているのです。
綿花栽培に使用される農地は、全体の3%程度ですが、世界中で使用されている農薬の5.7%*が綿花栽培に使用されていると言われています。

 


 

organic-cotton-オーガニックコットンとは?

 

organic-cotton-オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは、環境や生物に影響をおよぼす農薬や化学物質を2~3年以上まったく使用しない農地で、有機栽培されたコットンのこと。
有機栽培は、自然との格闘です。
ハーブを植えて虫がつくのを防いだり、手作業で雑草や害虫を処理したりと、辛抱づよく、手間ひまをかけ、自然の循環に沿った栽培をしていくのです。

そうして育てられたオーガニックコットンの綿花と、農薬を使用して栽培された綿花には、実は違いはありません。
綿花自体には、農薬はほとんど残らないからです。

しかし、コットンの生産に携わる人びとの暮らしや、綿花を育てる大地などの環境を守ることになるのです。
オーガニックコットンを選択するのは、持続可能な社会への第1歩なのです。

 


 

organic-cotton-オーガニックコットン製品とは?
organic-cotton-オーガニックコットン-SDGs?

オーガニックコットン製品とは?

オーガニックコットンが最終製品となり私たちの手に届くまでには、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程があります。
オーガニック原料のトレーサビリティ(※生産段階~消費者段階又は、廃棄段階まで跡をたどることが出来ること。)、
オーガニックコットンの含有量に加え、上記のすべての製造工程において
化学薬品の使用による健康・環境負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働などの社会的な規範を守り製造されたもの。

オーガニックコットン製品の栽培・製造背景から、
私たちが製品を利用し廃棄するまで。製品の一生を見据えたモノづくりが重要です。

 


 


KC_3557
3557 7/1オーガニックコットン無地ネル

 


FS_C75692
C75692 オーガニックコットン・シルク シャンブレー

 


KW_OG-4820B
OG-4820B オーガニックコットン100% ブロード ブラウン

 


KI_ASW1045
ASW1045 ASW1045 オーガニックキャンバス オーガニックコットン エンジェルシェアウォッシュ

 


SI_SIC-233
SIC-233-12 オーガニックコットン杉綾リボン

 


DK_N1337
N1337 13オンスオーガニックコットンデニム

 


AB_AB-EX172
AB-EX172 8オンス オーガニックコットン デニム

 


CT_BD4756
BD4756 コンパクトオーガニックコットン/SOLOTEX(ソロテックス) ウェザーストレッチ バイオエアフロー

 

オーガニックコットン素材をまとめて見る>

この特集に関連する商品

-1