ジャンルで選ぶ

  • 複数の条件で検索する
  • 素材で選ぶ
  • 目的で選ぶ
  • 種類で選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • 3Dデータで選ぶ
  • Follow Me!
053-454-4141
LINEアイコンLINEでお問合せが
できるようになりました

QRコードをスキャン又はID検索で
友だち登録ができます!

ID:@892vjyb LINEでお問合せができるようになりました

【旬の素材】ニット 夏だって着たい

 

summer-knit

 

ニットと聞くと、暑いイメージがありますが、春夏素材のニットなら大丈夫。
ウールを使用しないニットは、伸縮性、機能性にも優れていて着心地が良く、暑い夏でも快適に過ごせます。
一枚着るだけで上品な雰囲気を演出してくれる魅力的な素材。
春夏に大活躍のニット素材をご紹介致します。

 

【春夏のニット、サマーニットとは?】

 

サマーニットは、春夏に着れられるよう作られたニット素材です。
寒い季節に着るニットは、保温性に優れたウールやアクリルを使用しているものが多いですが、
サマーニットにはコットンや麻素材が使用されているので、通気性、吸湿性にも優れているので
暑い季節でも爽やかに着ることができます。
サマーニットは、1枚羽織るだけで上品な大人の印象を与えてくれます。
もちろんレディースだけでなくメンズ商品も豊富に揃っており、
春夏のおしゃれには欠かせない素材です。
また、ファッション以外にも冷房の効いているオフィスや通勤時の電車などでは、冷房対策としても重宝します。

 

【サマーニットの素材】

 

サマーニットと言っても、様々なタイプのものがあります。
フェミニンな印象の薄手のサマーニットは軽く、持ち運びにも便利ですね。
綿を使用したカットソー。
レーヨンを使用したトップス。
使用する素材や編み方、デザインでイメージが全然違います。
また、素材により機能面も異なります。
素材のメリット・デメリットからシーンや服、アイテムにぴったりの素材を見つけて下さい。

 

<綿のニット>

 

summer-knit

 

身近な綿ニットと言えば、カットソーや半袖のTシャツ、その他、袖なしのランニングやキャミソールなどがありますね。
今年らしい雰囲気の大きいサイズのトップスには今、注目が集まっています。
ニットなのでもちろんニット特有のストレッチがあり、着心地も抜群です。
綿素材のメリットは、柔らかくサラッとした肌触りと吸湿性。
天然素材で肌への負担も少なくいため、肌に直接触れるような下着やインナーにもピッタリの素材です。
デメリットは、縮みやすい、シワになりやすいと言った点があります。

 

<麻>

 

summer-knit

 

麻のニットは、特有のシャリ感があります。
夏にピッタリな麻ニットは、綿よりも丈夫で、洗濯回数の多いアイテムにも向いています。
見た目にも涼しげな印象がある麻ニットは、シャツやタンクトップなどのトップス、チュニック、ロングスカートの他、帽子にもピッタリです。
ナチュラルテイストな雰囲気に仕上がります。
麻ニットのメリットは、綿同様に吸湿性、通気性に優れている点。
シワになりやすく摩擦により毛羽立ちやすいので注意が必要です。

 

<レーヨン>

 

summer-knit

 

トロンとした生地感でドレープ性に優れたレーヨンニット。
木材パルプから取れるセルロースから作られる絹に似せて作られた再生繊維です。
柔らかく、ツルツルとした滑らかな生地表面でとても肌触りの良い素材ですが少し重みを感じます。
接触冷感に優れた性質があるため、夏にピッタリな素材です。
デメリットは水に弱い点。
水洗いにより収縮したり、生地の強度が落ちます。
また、色落ちしやすい点もあるので洗濯表示をしっかり確認し、お手入れする必要があります。

 

【おすすめニット素材】

 


441 16//BBQボーダー ニット
□素材:綿100%
□カラー:キナリ、オフホワイト、黒、ネイビー、グレーをベースカラーに25色(パターン)展開。
□特長:ボートネックなどのトップス用途からルーズボトムスまで使用可能な風合い重視の中肉素材です。
ソリッド(無地カラー)展開もあります。

485 綿・テンセル(TM)モダール繊維 天竺シルケット 綿混 無地
□素材:綿55% / リヨセル/テンセル45%
□カラー:ホワイト、ブラック、グレーのベーシックカラーに加え、スモークピンク、スカイブルー、アッシュグレイなど計10色展開。
□特長:●UVカット機能 ●接触冷感 ●eco素材
親しみ深いコットンにUVカット機能のあるテンセル(TM)モダール繊維をプラスしました。
シルケット加工によりシャープな風合いを実現した素材です。

KGM1284 スペインピマ 18/1フライス
□素材:綿100%
□カラー:計6色展開
□特徴:古代ローマ時代から続く歴史と異文化が混じり合うスペインのアンダルシア地方で地中海に面した温暖な気候と降り注ぐ太陽の日差し、そして肥沃な大地の恵みに育まれた良質な長繊維コットンです。紡がれる糸はキメ細かくしなやかです。良質な光沢、しなやかな肌触り、甘撚りの柔らかな風合いが特徴です。

457 62/2 ビスコース/キュプラ/綿天竺(クリア加工)
□素材:綿35% / レーヨン50% / キュプラ15%
□カラー:計20色展開
□特徴:シルクの様なキメ細かいマイクロビスコース、マイクロキュプラに毛羽を極限まで取り除いたアルティマ綿を使用したこだわり素材です。

14-4500 スーパーハイゲージプレーティング天竺
□素材:綿70% / ナイロン30%
□カラー:アイボリー、ライトベージュ、ブラウン、、グリーン、ブルーなど計43色展開。
□特徴:46Gゲージという希少なハイゲージの編み機を使い、ジャージーとは思えないほど高密度で繊細な天竺を編み上げました。
80/1の極細超長綿を使用し、裏にナイロンを入れることで、適度な張り感を持たせています。
毛羽を極限まで落として表面をクリアにし、さらに特殊加工で綿を改質させ、まるでシルクのような、しなやかでサラサラな風合いに仕上げました。

KKF2604-58 20dマットトリコット広巾
□素材:ポリエステル100%
□カラー:計16色展開
□特徴:20dのマルチフィラメント糸を使用したトリコット素材です。
適度な光沢があり、エレガントできれいめな雰囲気とニット素材ならではのなめらかなドレープ性が特長です。
透け感があり軽やかな素材で、流行りのプリーツにもオススメです。

14-1714 ソフトコットンリブ
□素材:綿73% / ポリエステル27%
□カラー:計26色展開
□特徴:ソフトな風合いのコットンを使用しふくらみのあるリブ編み素材に仕上げました。
柔らかなニットのような見た目ながら、だれてしまわない仕立て映えの良さをもつ新感覚の素材です。
長袖のニットカーディガン、ロングカーディガンにもおすすめです。

394 19s スラブヴィンテージワッフル ニット
□素材:綿100%
□カラー:計8色展開
□特徴:TOPを思わせる様な独特で自然なムラ感を表現した定番素材のワッフルです。
インディゴ染めしたかの様な素材に仕上げています。
トップス、ニットベストの他、パンツなどカジュアルなアイテムにおすすめです。
ムラのある模様がコーデのアクセントに。
同じシリーズで天竺、フライス、パイルも展開中です。

 

【コーデ&着回ししやすいサマーニット】

 

summer-knit

 

シンプルなのに、1つ取り入れるだけで女性らしい着こなしが簡単に決まるサマーニット。
スカートとカーディガンのセットアップ、インナーORワンピースとカーディガンのアンサンブルなどは、コーディネイトや着こなしが簡単なだけでなく、
着るだけできちんとしたイメージを作ってくれます。
また、ネックの形状や袖の形状によっても見え方がガラリと変わります。

<襟>

襟ぐりの形には、Vネック、クルーネックやラウンドネック、丸首、タートルネック(夏には暑いですね)などなど。
暑い季節には、できるだけ襟ぐりの空いているものが良いですね。
Vネックやラウンドネックは、首長効果も期待できます。

 

summer-knit

 

<袖>

半袖、五分袖、七分袖、ノースリーブ、パフスリーブ、フレンチスリーブ、ドルマンスリーブなど。
袖の形状も、印象を大きく変えます。

 

summer-knit

 

ニット素材のワンピースコーデは、身体のラインが目立ちやすく敬遠しがちですが、
身幅にゆとりのあるものや、フレアなものを選べば、シルエットが隠れるので体型カバーにも繋がります。
また、ロング丈のニットカーディガンを羽織ったり、ニットの下にブラウスを着て重ね着したりと、
他のアイテムを使用したスタイリングもニットを楽しむポイントです。
レース素材とのレイヤードスタイルもおすすめです。

 

【サマーニットの取り扱い方法】

 

汗をかくことが多い時期に着るサマーニット。
洗濯頻度が気になりますね。
冬に着るウールのセーターやベストであれば、インナーも着ているし、それほど気になりませんが、
汗を吸収したサマーニットを洗わずに何度も着るなんて、気持ち悪いですよね。
サマーニットは、ウールを使用していないので、秋冬に登場するニット製品と違い、
使用する度にお洗濯しても大丈夫です。
もちろん洗濯方法は、洗濯表示を確認が必要です。
最適な方法で洗濯することで、衣類の傷みを軽減し長く使用することが出来ます。
また、保管する時は、ゆったりと畳んで保管しましょう。
綿や麻、レーヨンは、シワになりやすい性質があるので、たたみジワがついてしまいますので注意が必要です。
また、ハンガーに吊るして保管すると、ニットの重みにより、伸びてしまいますし、
なんと言っても、ハンガーの形状が残り、ハンガーを着てるみたいになってしまうのでご注意を。

 

まとめ

いかがでしたか?
サマーニットには秋冬のニットとは違い、何か上品な魅力があります。
布帛のシャツやワンピースも良いですが、
今年は、伸縮性のある、ふんわり、もっちりとした柔らかい雰囲気を演出してくれるサマーニットで過ごしてみませんか?

この特集に関連する商品

-1