薄くて暖かい高機能中綿素材 シンサレート特集

warm-thinsulate-高機能中綿素材-シンサレート

 

高機能中綿素材 シンサレート特集

 

 

warm-thinsulate-高機能中綿素材-シンサレート

 

シンサレートは、マイクロファイバーのような、細い繊維群でできている
化学繊維、不織布テクノロジーから生まれた高機能中綿素材です。

 

含む空気の量がポリエステル綿より多く、防寒衣料や冬用の布団などに使われています。
さまざまな太さの繊維が複雑に絡み合うことによって
暖かい空気をその構造の中にしっかり閉じ込めるようになっています。

 

ちなみに、化学繊維と言われると化繊アレルギーが気になる人もいるかもしれません。
シンサレートは無臭で、アレルギーを誘発する物質を含んでいません。
人体にやさしい素材です。

 


 

warm-thinsulate-高機能中綿素材-シンサレート

 

様々な防寒グッズに活用される人気素材

シンサレートは、寒い季節に、より快適に過ごせる素材として開発されました。
細い繊維が組み合って、たっぷり空気を含むので、断熱性、保温性に優れています。

全世界でウィンタースポーツウエア、タウンカジュアルウエアからファッショナブルウエア
手袋、ブーツ、帽子、寝具にまで使用されています。
様々な防寒グッズに活用される人気素材となっています。

 


 

warm-thinsulate-高機能中綿素材-シンサレート

 

快適感のサイエンス。

暖かさを数値化するクロー理論を導入。本当に人にやさしい快適感を追求しています。

 

空気で暖かさをつかまえる繊維

理想的な断熱媒体は空気。そのため素材の暖かさを高めるには、細かい繊維のあいだに、
できるだけ多量の空気(デッドエア)を封じこめるのがもっとも効果的です。
デッド・エアの量は、素材の単位容積あたりの表面積に比例し、細かい繊維が複雑に入り組んでいるほど多くなります。
シンサレートTM 高機能中綿素材は、直径2マイクロメーターのマイクロファイバーと、強度を保つためのポリエステルで構成された不織布。
ダウンのもっとも細い毛羽先とほとんど同じ極細の繊維が、複雑に入り組んだ構造で、表面積は従来のポリエステル綿の約20倍もあります。
そこに多量のデッド・エアを含むことで、すぐれた断熱性を実現しています。

 

暖かさを計るクロー値

3M社では、シンサレートTM 高機能中綿素材の暖かさを科学的に表示し、比較するための基準として、
アメリカ陸軍で使われていた衣料の規格値クロー(CLO)値を、わが国の衣料業界に導入しました。
これは被服材料の保温性(熱伝導率)だけでなく、含気性、通気性、吸湿性などの要素を含め、衣服を着たときに人が実感する「生理的快適さ」を表現する値です。
人間が生理的快適さを保つには、皮膚温度を33℃に保ち、外界温度と平衡を保つ必要があります。
そのためには人体の発熱状態、衣服の断熱性、外界の気象条件の3つのファクターを考慮しなければなりません。
たとえば、同じスキー場にいるときでも、滑っているときとリフトに乗っているときでは、快適な衣服の断熱性は違ってきます。

 

1クローの断熱性の定義

1クローは気温21℃、湿度50%以下、風速5cm/secの室内で椅子に座っている状態で、皮膚表面温度を33℃に維持し、快適と感じるのに必要な断熱値となります。
この場合の人体の発熱量は58.2W/hr。
うち14W/hrは発汗作用や呼吸作用で失われ、44.2W/hrが衣服を通して失われます。
この衣服を通した熱損失44.2W/hrで、皮膚温度と外界温度の差12℃を割った値が、衣服周辺の断熱性0.27℃㎡hr/W=ITです。
ただしそのうち0.12は、衣服表面の薄い空気層による断熱効果とみなされ、衣服そのものの断熱値は0.15℃㎡hr/Wとなります。
これを1クローと定義します。たとえば、ウールのビジネススーツの断熱値は約1クロー。
室温21℃の室内で事務をとっている状態で快適となります。
また、-20℃の外気の中に直立している人は、4.3クローの衣服を着ていれば快適ですが、
もっと寒い-32℃でもスキーなどの激しいスポーツをしていると発熱量が多く、
2クローの衣服を着ていれば快適ということになります。

 

画像でも確認できる1.5~2倍*の暖かさ

シンサレートTM 高機能中綿素材は同じ厚さなら1.5~2倍暖かく、同じ暖かさを保つには約半分の厚さで充分となります。
この暖かさは実際に目で確かめることができます。あらかじめ温められたサーマル・マネキンの向って左半分にシンサレートTM高機能中綿、
右半分にポリエステルのスキージャケットを着せ、サーモグラフィ(上記画像参照)で見ると、表面温度の違いが色調パターンで表れ、
熱損失量の大小がはっきりわかります。スリーエム ジャパンは、サーモグラフィを衣料業界ではじめて導入し、
デザイン段階から衣料の断熱性について科学的な分析を行っています。( * 当社試験データによる)

 


 


LT_HL40
HL40 3M™シンサレート™

 


LT_HL60
HL60 3M™シンサレート™

 


LT_HL80
HL80 3M™シンサレート™

 


LT_HL100
HL100 3M™シンサレート™

 

シンサレートをもっと見る

この特集に関連する商品

LT