ura
 

着ける日焼け止めで 紫外線に負けない夏 UVカット素材

UV-CUT

 

紫外線から身を守る!!
UVカット機能付き素材で肌へのダメージを防ぐ、着ける日焼け止め

 

UVカット素材を見る

 


 

UVカットとは?

UVとは、紫外線をUltra Violetの略で紫外線を意味する言葉です。その紫外線から肌を守ってくれる機能が
UVカットです。このUVカットは、紫外線遮蔽加工とは紫外線を吸収、または反射することで紫外線を
遮断させる加工のことです。紫外線を吸収や反射させ紫外線をどのくらい遮断できるかは、紫外線遮蔽率
で表します。紫外線に対する透過率を測定して、下記のような計算により紫外線遮蔽率を求めます。

 

UV-CUT

 


 

3つの紫外線

 

紫外線には波長の異なる3種類のものがあります。

 

・UVA(紫外線A波)

・UVB(紫外線B波)

・UVC(紫外線C波)

 

UVCはオゾン層に吸収されてしまい地上に届かない為、直接的な肌への影響はありませんが
UVAとUVBは、どちらも肌にダメージを与えます。
特にUVAはメラニン色素の増加による老化の大きな要因となります。

 

 

 


 

UPFとは?

 

日本独自の基準『紫外線遮蔽率』に対して世界基準の評価は『UPF数値』です。
UPFとは・・・ウルトラバイオレット・プロテクション・ファクター(紫外線保護指数)の略。
紫外線遮蔽率は紫外線を吸収や反射させ紫外線をどのくらい遮断できるかの指標に対して、
UPFは・UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)の紫外線が生地を通過する量を表しています。

 

UV-CUT

 

肌に何も着けていない状態でできた日焼けと同程度まで日焼けをするのに何倍の時間がかかるか、表しています。
UPFが高いほど、紫外線から肌を守ってくれます。
「UPF20」と表記してあるものは何も着けていない場合と比べると20倍以上、
「UPF50」と表記してあるものは50倍以上、日焼けをする時間を遅らせるという事になります。
UPF50は一番高い表記で、UPF50以上のものはすべて「UPF50+」と表記されます。

 

UV-CUT

 


 

目的地やその日の天気、シーンから素材を選ぶと良いですね。

 

UVカット素材を見る

 

この特集に関連する商品