ura
 

ダックテキスタイル株式会社 2020年春夏内覧会レポート

ダックテキスタイル株式会社

 

デニムを中心とする綿厚地織物の企画・開発・販売を行っているダックテキスタイル株式会社。本社はデニムの産地・広島県福山市にあり、地場の機屋さんと密に連携することで、小ロットから大量生産まで、多様化するニーズに対応したものづくりをしています。

今回は、原宿ショールームで行われた2020年春夏コレクションの内覧会から新しい提案をピックアップします。

表情のある凹凸感
中でも注目が、凹凸感を出したシリーズ。表面の加工だけでなく、立体感を出すことで、デニムのバリエーションが増え、コートやトップス、パンツに付加価値を加える提案です。

 

ワラカットデニム

ワラカットデニム

経糸をカットすることにより、浮き出たせた糸で柄を描く手法。海外メゾンでも使用されている加工方法で浮き出た糸部分だけを染色することも可能です。

他にもコーデュロイやヘリンボーンなど立体感のある柄生地や、プリーツができるデニムも。

 

ストレッチ&柔らかい素材感

 

ストレッチ&柔らかい素材感

ストレッチ&柔らかい素材感

同社が得意とするストレッチや柔らかい素材感の提案も豊富に揃っていました。

 

9オンスふわふわストレッチ

9オンスふわふわストレッチ(写真、左)

二重織りの優しく伸びる膨らみのあるデニム。リラックスした柔らかい肌触りで、ワークスタイルやカジュアルにおすすめです。

ジェラートストレッチ(写真、中央・右)

ホワイトベースとカラフルのリバーシブル仕様になっており、ジェラートをイメージした淡いトーン展開が涼しげな印象に仕上がります。

 

エアボンボン

エアボンボン

裏毛のスウェット風生地で、ふわっとした肌触りと生地の立体感がポイント。

 

 

新たな表情を加えるひと工夫

デニムのカジュアルなニュアンスに、女性らしさを加えたシリーズ。デニムの魅力を残しながら新たな表情を見せる提案です。

 

ドロー刺繍

ドロー刺繍

さらっと涼しげな基布に、ドロー刺繍を施すことで春夏らしさを加えています。ドロー刺繍とは、特殊な針を使用して生地目を上下左右に広げて、穴と刺繍糸で模様やロゴをデザインする刺繍。穴を開けながら刺繍するので、通気性も高まり、涼しげな印象に仕上がります。全面使いはもちろん、無地と組み合わせる部分遣いもおすすめです。

 

ピンストライプデニム

ピンストライプデニム

光沢感がある綺麗めデニムの提案。ライトオンスなためスラックスライクなパンツやライトアウターがおすすめです。また、表面を加工することでよりデニムらしい見た目にすることもできます。

 

リップストップ

リップストップ

チェック柄を入れることでエレガントさをプラス。デニムの重ね着も軽やかに提案できます。

 

ラスター加工

KS510-PL1J 10oz ラスター加工 ST

顔料コーティングにカレンダー加工を施しており、表面に光沢があります。ハリ感のあるレザーライクな見た目で、こちらも加工することでよりデニムらしい見た目にすることができます。

 

使いやすさを考えた快適性と機能性

 

タテパルパーチノ

タテパルパーチノ

中にポリエステルを入れたカバーヤーンを使用。速乾性があり軽く、ムラも少ないことが特徴で、チノ風の見た目に仕上がります。

 

6オンス透湿防水デニム

6オンス透湿防水デニム

4オンスデニムのスリーレイヤータイプ。中地にウレタンフィルムを使用することによって、防水性を備えています。表面のデニムは、色を落としたり、当たりをつけるために擦ることも可能です。

 

 

デニムを中心に様々なニーズに応えてきた同社。デニムは色を抜ける面白さがあり、応用の仕方で表現はたくさんできると言います。

 

他にも、通常廃棄される落ち綿を100%使用したリサイクルデニムや、家具など色落ちしにくい素材として反応染料を使用したシリーズも。またSKYシリーズでは、生地の段階でブリーチしており、一点一点仕上がりが異なるため、色ムラや色ブレがあるのが特徴で、小物におすすめです。

 

ダックテキスタイルトップページ(https://contents.textile-net.jp/information/ducktex/

 

ダックテキスタイル特集一覧(https://contents.textile-net.jp/category/supplier_list/ducktex/

 

この特集に関連する商品

DK