ura
 

抗菌素材特集 4/28更新 商品追加しました

抗菌素材特集

 

こんなご時世だから、抗菌素材に注目が集まっています。

抗菌素材をお探しのお客様へ。こちらのページで抗菌素材をご提案致します。

抗菌加工された素材は、今後、あらゆるシーンでの活用が期待されます。

マスクはもちろん、テーブルウェア、ユニフォーム。。。ライフスタイルになくてはならいものになるはずです。

様々なアイデアで生活を守るアイテムに。


 

【 新着情報 】

 

< 4/28 >
新商品を追加しました。今回は、ミューファン®の純銀糸を使用した、ふきんです。ワッフル素材でふきんだけではもったいない!!このふきんを使って手縫いマスクにも挑戦してみました。

 


 

ー 現在、掲載されている素材(今後予定のものも含みます) ー

★NEW★ ◯ U-funk-1 ミューファンふきん (4/29発売開始)

〇 SEK4850 抗菌防臭加工ガーゼ (5/末上がり予定)※予約オーダー可能

〇 SF5100 ミューファン交織ストレッチポプリン (発売中)

〇 SF2100 ミューファン交織ストレッチギャバ (発売中)

 


 

ミューファンふきん で 手縫いマスクを作ってみた!!

 

< ミューファンふきん >

antibacterial-kokin-texile

ふんわりと柔らかい綿100%のワッフル素材。
全体にまばらに見えるキラキラとひかるもの。
これがミューファン®の純銀糸です。
この糸は表裏両面に見えます。
直接、肌に触れても大丈夫!!(パッチテスト済みです。)使い勝手が良いですね。

 

antibacterial-kokin-texile

ワッフル素材で肌ざわり良く、快適に安心して使用できます。

※洗濯による縮みがあります。マスクを作製する場合は縮みを考慮したサイズで作製して下さい。

 

antibacterial-kokin-texile

 


 

純銀の糸「ミューファン®」とは?

 

antibacterial-kokin-texile

 

ミューファン®は、純銀をポリエステルフィルムで加工。持続的に銀イオンを放出しつづけ、人体に優しく非常に高い抗菌力などマルチ機能を発揮します。常温・常圧などで助剤が無い常態では酸素や塩素との反応を起こし難く機能を長く維持できます(但し、家庭用のキッチンハイターには耐性があります)

 

230ミクロン幅、150ミクロン幅2種類のミューファン(純銀扁平糸)と綿、ナイロン、ポリエステル等の撚糸、ミューファンを核にしたコアヤーンなど、あらゆるアイテムに適用できる糸が開発されています。※ミクロンは、1mmの1/1000の長さ。マイクロメートル。銀を極々、細い繊維にし織り込んでいるということです。

 

古くから食器にも薬にも使用されてきた「銀」。

ミューファンが発する銀イオンによって、人体に優しく、なおかつ非常に高い抗菌力。さらに、電気を一番通しやすい金属である「銀」を使用したミューファン糸は静電気を放電する力にも優れており、乾燥時に発生するパチパチや衣服のまとわりつきを緩和。もちろん、静電気によるホコリの吸い寄せも緩和されます。ミューファン®には抗菌効果だけでなく、防臭機能、帯電防止機能もあるんです。

< 抗菌・防臭機能 >銀イオンの抗菌・防臭機能が永続的に持続します。

< 帯電防止機能 >静電気によるパチパチやホコリの付着を緩和します。

銀イオンの制汗スプレーなんてものもありますが、あれと同じことなんですね。

銀のパワー!!


 

< SF5100ミューファン交織ストレッチポプリン >はこちらから

antibacterial-kokin-texile

 

 

ポプリンよりも厚地のギャバはこちらから↓

< SF2100ミューファン交織ストレッチギャバ >はこちらから

SF2100ミューファン交織ストレッチギャバはトレンチコートに使用されることの多い素材。
軽めのアウターやボトムス。作業着やエプロン等に向いています。

 


 

抗菌防臭加工 サニーフレッシュとは?

 

サニーフレッシュは、SEK(繊維評価技術協議会)の品質基準を合格した抗菌防臭加工。

レギュラーコットンのダブルガーゼにサニーフレッシュ加工を施しました。

< SEK4850 レギュラーコットンダブルガーゼ 抗菌防臭加工:サニーフレッシュ >はこちらから

 


ー 抗菌素材ご使用に際してのご注意 ー

<SEKサニーフレッシュについて>
SEK4850は、SEK青ラベル基準の抗菌加工をした生地です。
SEK対象商品にならないアイテム(例:口唇・鼻腔に触れる仕様のマスクや、24ヶ月以下の乳幼児のアイテム)もございますので、
商品にSEKの記載、ラベルの使用をご希望される方は、事前にお問い合わせ下さい。

この特集に関連する商品