ジャンルで選ぶ

  • 複数の条件で検索する
  • 素材で選ぶ
  • 目的で選ぶ
  • 種類で選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • 3Dデータで選ぶ
  • Follow Me!
053-454-4141
LINEアイコンLINEでお問合せが
できるようになりました

QRコードをスキャン又はID検索で
友だち登録ができます!

ID:@892vjyb LINEでお問合せができるようになりました

2022年 春夏トレンドカラーおすすめ6色

2022-trend-color-2

 

2022年のトレンドカラーはパントン社からは『ベリーペリ』、日本流行色協会(JAFCA)からは『ジョリーコーラル』が発表されました。

2022年春夏コレクションからも各ブランドがトレンドカラーを意識したファッションがランウェイを鮮やかに飾るなど、
今季はどんな色が流行るのか注目されていますね。

 

トレンドカラーとして発表される色は1色2色だけではなく、たくさんの色が提案されていて一体どんな色を選べばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回はおすすめのトレンドカラーを6色にピックアップしました。

 

最後にトレンドカラーを普段のファッションに浮かないように取り入れるための色の組み合わせ方もご紹介しています。

色の合わせ方が分からない、明るい色を取り入れるのが苦手な方も、トレンドカラーをどんな風に入れれば良いのかのヒントになると思います。

 

 

【1.トレンドカラーってどうやって決まるの?】

 

トレンドカラーは『インターカラー(国際流行色委員会:INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR)』

という日本を含む17カ国の加盟国(2022年現在)からなる国際機関が選定しています。

それぞれの国が世の中の情勢やムード、時代に合うイメージの色を予測・提案し、実シーズンの2年前に20~30色ほど決定されます。

2年前ってちょっと早すぎない?と思うかもしれませんが、洋服が店頭に並ぶまでに生地の原材料の生産やファッションショーなど長期に渡る工程があるためです。

 

そしてもう一つ、世界にトレンドカラーを発表しているのがアメリカ合衆国の『(PANTINE(パントン)社)』です。

毎年12月に発表されるパントン・カラー・オブ・ザ・イヤーはファッションデザイナーだけでなく
グラフィックデザイン、建築・インテリア、家電や車、webデザインなどの
さまざまなクリエイターが注目しており、ここで発表されるトレンドカラーは様々な業界に影響を与えています。

 

また、日本国内でのトレンドカラーは『JAFCA(日本流行色協会)』が決定しています。

インターカラーの流行色が決定した後に、日本独自のトレンドカラーを決めています。

 

【2.パントン社2022年トレンドカラーは『ベリーペリ』】

 

2022-trend-color-2

 

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー2022では『ベリーペリ』という新しい色が発表されました。

少し赤紫の入った青色で、新色を作ることはカラー・オブ・ザ・イヤーの長い歴史の中では初めてとのこと。

「グローバルな時代精神と変遷の象徴」、「未来を新たな光で照らす」などの意味が含まれていて、基準や価値観の変化の多い時代を反映しています。

 

PANTONE公式サイトでは、トレンドカラーの配色アイデアとしてカラーパレットも公開しています。

一見、派手で難しそうな色ですがモノトーンやベーシックカラーとも相性が良いので差し色として取り入れると今年っぽい着こなしができます。

コレクションでは大胆にベリーペリ単色のワンピースやセットアップなども見られました。

こちらは公式サイトの配色アイデアを元に2色のコーディネートの例です。

2022-trend-color-2

 

ブラック、ベージュ、グレーのベーシックカラーと合わせたコーデとグリーン、ピンク、イエローと合わせたカラーコーデです。

お手持ちのベーシックカラーのトップスやボトムスと合わせてオフィスカジュアルにもそのまま使えそうです。

グリーンやイエローなどと合わせると一気にカジュアル感が増します。

ピンク配色のコーデはフェミニンテイストが好きな方にもおすすめです。

春夏のイメージなら少し明るめの色味、秋冬のイメージなら濃いめの色味を選ぶと季節感も出せます。

 

【3.JAFCA 2022年の色は『ジョリーコーラル』】

 

2022-trend-color-2

 

JAFCAは「今年の色、来年の色」としてその年のテーマカラーを発表しています。

2022年の色は蛍光みを帯びた軽く鮮やかなコーラルオレンジの『ジョリーコーラル』を選定しました。

オレンジは一般的にポジティブなイメージを抱きやすく、「前に進む力」「鮮やかな世界」というキーワードにも前向きな意味も込められています。

ちなみに昨年はコロナ流行による閉塞感や不安な気持ちを表すグレーが選ばれています。

 

また、JAFCAはその年のカラートレンドとして、
レディースウェア、メンズウェア、プロダクツ&インテリア
カテゴリごとにトレンドカラーの発表もしています。

2022年の色ジョリーコーラルを使用した2色コーディネートのイメージです。

2022-trend-color-2

 

ベーシックカラーのブラック、ホワイト、特にネイビーとの相性が抜群です。

ジョリーコーラルは蛍光色とのことなので、広い面積での着用に不安がある方はアクセントカラーとして
バッグやシューズなどの小物などで取り入れるといいと思います。

オリーブグリーンや同系色のテラコッタと合わせるとカジュアルな雰囲気になります。

最後にパントン社2022年トレンドカラーのベリーペリと合わせてみました。
今シーズンっぽいおしゃれな着こなしができそうなので是非トライしてみませんか。

 

【4.定番のカラー4色】

 

グリーン、ピンク、イエロー、ブルーはトレンドカラー常連の人気色です。

その年によって、ビビッド系の鮮やかな色だったりパステルカラーやくすみカラーなど違う色味が流行カラーになっています。

 

グリーン

2022-trend-color-2

今年はケリーグリーンと呼ばれる鮮やかなグリーンがトレンドです。

また、落ち着いた深緑や黄緑までバリエーションもさまざま。

こちらはトレンドのケリーグリーンを例に2色の組み合わせの例です。

2022-trend-color-2

鮮やかなグリーンは普段のファッションに取り入れるのが難しそうですが、
ブラウン、ホワイト、ブラックのベーシックカラーと合わせればチャレンジしやすいかと思います。

ファッションショーではアースカラーのオレンジ、ブラウン系の組み合わせを中心に
ブラック、ホワイト、パステル系のパープルやスカイブルーのコーディネートも見られたそうです。
カラーコーデを楽しみたい方は挑戦してみてもいいかもしれませんね。

 

ピンク

2022-trend-color-2

今季は大人っぽい雰囲気のグレイッシュなピンクがトレンドです。

グレイッシュな淡いピンクを流行のシャイニー素材を取り入れたり、あえてビビッドなピンクをミニ丈のスカートやバッグ、スニーカーなどの
ポイント使いで取り入れたりと様々な組み合わせが可能です。

こちらは普段のファッションに取り入れやすい淡いピンクの配色パターンの例です。

2022-trend-color-2

ベージュやホワイトとの組み合わせは春らしい軽やかな印象になります。

ブラックと組み合わせると可愛さを抑えて辛口でカッコいいコーディネートに変わります。

イエローと組み合わせる場合は幼い印象になりがちなので、濃くはっきりとした色味のものを選ぶといいと思います。

同系色の赤と組み合わせるのも今年らしい配色になります。

また、デニムのインディゴブルーとも相性が良いのでデニムと合わせてカジュアルに着こなすこともできます。

 

イエロー

2022-trend-color-2

ランウェイでは鮮やかなレモンイエローや柔らかなクリームイエローを使用したファッションが見られました。

全身イエローのワントーンコーデの提案が多かったものの、イエローと相性の良いブラックやグレーなどのモノトーンに合わせたり、
バッグなどの小物をアクセントとして使うといった取り入れ方が多いようです。

2022-trend-color-2

ベージュ、ホワイト、ブラック、グレーのベーシックカラーと相性が良いです。

また、グレンチェックなどのチェック柄と合わせてもおしゃれに着こなせます。

カラーコーデにするには、イエローと相性の良いグリーン、他のカラーで紹介したパープルとの組み合わせがあります。

濃いイエローやオレンジ系の色と組み合わせれば、メリハリの効いた配色になるので気軽に同系色(ワントーン)コーデも挑戦できそうですね。

 

ブルー

2022-trend-color-2

コレクションでは淡いブルーから濃く鮮やかなブルーまで幅広いコーディネートが見られました。

パステルブルーのような淡いブルーなら、トレンドのクロシェ編みアイテムやシースルーアイテムにも合います。

こちらは淡いブルーとの色の組み合わせパターンです。

2022-trend-color-2

ベージュ、ホワイト、明るいグリーンと合わせると春っぽい爽やかな印象になります。

ブラックや濃いブルーとの組み合わせは大人っぽく引き締まった感じがしますね。

淡い赤紫を組み合わせると、甘くなりすぎないフェミニンなコーデになります。

 

普段のファッションに流行色を取り入れるには?

トレンドカラーは毎年素敵な色が発表されますが、鮮やかな色は取り入れにくかったり、似合うかどうか不安になりますよね。

流行色の入れ方のポイントは

●バッグやベルト、ブーツやパンプスなどのアイテムから取り入れてみる
●ネイルやアクセサリーをトレンドカラーにしてみる
●ベージュ、ホワイト、ブラックなどのベーシックカラーと合わせる
●自分に合う色か不安な場合は顔から遠い場所で使う

まずは小物やアクセサリーでアクセントカラーとして使ってみるのがおすすめです。

洋服で使いたい場合はベーシックカラーと合わせたり、2~3色以内でシンプルにまとめるといいと思います。

似合うかどうか不安な場合は、顔から遠い場所のボトムや足元で流行色を使ってみるといいです。

 

【5.カラーバリエーションが豊富な生地のご紹介】

 


L6600 60リネン天日干しワッシャー
生地巾114cm/116cm 長さ20.5m
麻100%
定番の60リネン100%の天日干しです。天日干しならではのムラ感やシワで表面感を出しつつ、風合い良く仕上げました。シャツなど用尺の多いアイテムにしていただくと、より風合いの良さを感じていただけます!

 


KKF2045 バックサテンアムンゼン
生地巾112cm 長さ46m
ポリエステル100%
細番手を二重織にしており、薄いのに透けにくく適度なハリ感を表現できます。強撚糸によるシャリ感と冷感が特徴の素材です。美しいシルエットがでる商品です。

 


HT-8000 T/C ポプリン エコバッグ イージーケア
生地巾110cm 長さ54m
綿35% ポリエステル65%
ドレスシャツの代表的な生地です。こちらの商品は細番手の高級綿糸、コーマ糸を使用しています。
コーマ糸は毛羽立ちが少なく滑らかなので、肌触りの良いツルっとした生地に仕上がっています。
シャツやブラウスなどアパレル製品、その他医療用エプロンや学校で使用されるエプロン等に多く使用されています。

 


CS0909 9オンスカラーデニムストレッチ
生地巾124cm 長さ50m
綿95% ポリウレタン5%
ライトオンスでストレッチの定番カラーデニム。14色展開。

 


BD5699 コンパクトチノストレッチ
生地巾125cm 長さ50m
綿95% ポリウレタン5%
コンパクト糸を使用することでカジュアルチノでありながら上品な光沢を表現すると共に、絶妙なストレッチ性を兼ねそなえた素材です。パンツやスカートにおすすめです。

 


29900 20/16オックスカッタブル 150cm 綿100%
生地巾150cm 長さ53m
綿100%
色数が豊富で、幅広い用途に使用できます。
肌触りがさらっとしており、柔らかい生地です。

 


14-2606 スーパーハイゲージ コンパクト タフタジャージー 撥水仕上げ
生地巾130cm 長さ52m
ポリエステル100%
超極細で、優れたストレッチ性を持つ特殊ポリエステル糸を46Gという、スーパーハイゲージな編機で編み上げました。
ジャージーはスウェットなどに使用される素材です。
高度な技術を持って、仕上げられており繊細な光沢感と、ジャージーとは思えない高密度な表面感、さらに着た時の軽量感は、この素材ならではです。

 


YG10101 30/1ベーシック天竺
生地巾165cm 長さ40m
綿100%
Tシャツにも使われる天竺生地です。

 

この特集に関連する商品

-1